FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 テクニカル解説 1月15日(金)

From : 維新の介


動画解説はこちらから↓

おはようございます(^^)
維新の介です

では本日のユロ円の流れです

【ユーロ/円】4時間足

MACDルールは下で成立
長期(青)は下げダウ継続から・・・安値切り上げ?

高値を更新しなければ
安値の切り上げは確定しませんが
とりあえず底打ち感はでてきました

三角保ち合いも上に抜けてしまったので
役に立たないラインになってしまいましたね(^^;)

三角保ち合いは
「トレンド継続」のチャートパターンです

だからこの下げトレンドの中での「上抜け」は
あまり意味をなしません

「トレンドの転換」を探したいのであれば
安値切り上げから高値の更新が一番確実(^^)

【ユーロ/円】1時間足

MACDルールは不成立
長期(青)は上昇ダウ継続

ですが・・・値動き荒いです(^^;)
好きではありません

短期(緑)も一応上昇ダウを築いていますが
4時間足レベルの直近高値も近いし
どうなるかはまだわかりません

どこを高値にすべきか
どこを安値にすべきか
こういうことがちゃんと決まらない
もしくは多すぎてわからないような相場ってのは
結局「高値更新したからエントリーしよう!」というトレーダーがバラけることになるので
どうしても値動きも荒くなりがち

だからこういうときは
「動いてから」(笑

ちゃんと動いて
保ち合いを抜けて
そしてその保ち合いから抜けたことを確定(リターンムーブ等)
それからゆっくり考える(^^)

一番楽です(笑

では現在(8:33)の相場状況です

4時間足は
長期的にも短期的にも売り方が優勢ですが
短期的な損益分岐点にレートが近付いてきました

つまり短期的な下げトレンドが終わりに近づきつつあるということですので
買戻しの動きに注意

1時間足は
長期的にも短期的にも買い方が優勢

5分足も同じく
長期的にも短期的にも買い方が優勢

私は戻しを獲りにいくのは好きなんですが
上位足のトレンドには若干逆らうことになりますので注意(^^)

ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】