FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 テクニカル解説 1月28日(木)

From : 維新の介


動画解説はこちらから↓

おはようございます(^^)
維新の介です

では本日のユロ円の流れです

【ユーロ/円】4時間足

MACDルールは不成立
長期(青)は安値切り上げなき高値更新

短期(緑)は上昇ダウを築いていますが
日足MA(赤)がまだ下げているので急落注意

一度下げてから再度上昇に転ずれば
長期(青)レベルでも安値切り上げか?

高値ラインに引っかかりつつも
比較的順調に上昇

現在上昇が少し停滞していますが
これは1時間足で以前に解説した(動画でだったかな?)節目

5分足レベルでは高値を切り下げつつあるので
いったんここで様子見の可能性が高まってきました

【ユーロ/円】1時間足

MACDルールはまだ不成立
しかしレートは日足MA(水色)を越えて上昇

ということは急落可能性大なので注意が必要
日足MAに対してのグランビルの法則発動ってことです(^^)

その下落が
わかりやすいサポートライン
特に前の高値に支えられたらその後は安定上昇しやすくなります

そのころには
日足MAも水平か上を向きつつあるでしょうしね(^^)

とりあえず長期(青)短期(緑)ともに上昇ダウを築いているので
買い目線でありつつ・・・以前から引いていたラインに到達したのが気になる(^^;)

とりあえず
ここを越えてくるまでは買うのは難しい

逆に
早朝につけた安値を割ってきたら
下げてくる可能性も高いので注意です

では現在(8:36)の相場状況

4時間足は
長期的には売り方が優勢ですが
短期的には買い方が優勢

夜中?朝方?につけた高値が
ちょうど4時間足の長期的は損益分岐点になっていますので
この高値は今後も重要になってくると思われます

1時間足は
長期的にも短期的にも買い方が優勢

5分足も同じく
長期的にも短期的にも買い方が優勢なのですが
高値を切り下げつつありますので買いは注意

上位足の上値抵抗線の存在もあることだし
デイトレレベルであれば反転下落もあり得ます

というわけで
楽しそうな相場です(^^)

ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】