FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 テクニカル解説 3月9日(水)

From : 維新の介


動画解説はこちらから↓

おはようございます(^^)
維新の介です

では本日のユロ円の流れです

【ユーロ/円】4時間足

MACDルールは不成立
長期(青)はわずかに安値を更新したところから
直近高値更新

とりあえず下げダウは崩れました
さて
安値切り上げとなるか?

短期(緑)は
しばらくサポートラインで止まっていましたが
夜中に割ってきましたね

そして次のサポートで停滞中

日足の移動平均線(赤)が下げているので
やはり日足レベルでの戻り売りを仕掛けてくる勢力がありました

さて
4時間足レベルの勢力は日足に勝って上昇することがあるのでしょうか?
それとも
長期(青)レベルで高値更新したが
結局日足に負けるのか?

長短の安値切り上げがあるかどうかに注目ですね(^^)

【ユーロ/円】1時間足

MACDルールは下で成立
長期(青)は下げダウで
短期(緑)も下げダウ継続

昨日動画でお伝えした通りの流れになっていますね

日足の移動平均線(水色)は下げていますが
4時間足がまだ水平気味なので
いったんレートが上昇してくる可能性あり

そこから「ゆったり」反転下落してきたら
少し獲りやすい下げになるかもしれません

日足では下げで
4時間足では反転上昇「気配」
1時間足は下げ

まだ下げが強そう(^^;)

でも1時間足が反転上昇すれば
今度は下位足から上昇圧力が強くなって
日足の戻り売り勢力に勝つかも?

なんてことを考えながらチャートを見ています(笑

では現在(8:40)の「損益分岐点から見た相場のバランス」です

4時間足は
長期的には売られていますが
短期的には買い方が優勢であり
その短期の損益分岐点にレートが支えられています

1時間足は
長期的にも短期的にも売り方が優勢

5分足も同じく
長期的にも短期的にも売り方が優勢

ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】