FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロドル テクニカル解説 3月10日(木)

From:シュウ(維新の介の弟子)


おはようございます(^^)

温かくなってきましたね^^
僕のこの時期の一番の楽しみはゴルフです(´∀`)

今年の目標は70台を出す事なので、
今日もブログ書いたら友人と練習行ってきます!

ではさっそく今日の相場解説です!

4時間足

Snip20160310_1

長期ダウ(青)は安値切り上げ高値更新中。
短期ダウ(緑)は安値切り上げ高値更新中。

MACDルールは下で成立。
長短のダウは上昇一致です。

現在レートは上昇ダウを築いてますが、
短期のダウの高値の更新幅が少なくダブルトップにも見えなくないので、
レジサポ2のラインをしっかり超えるまでは一旦買いはストップかな> < 逆にこのまま下がってネックラインを超えてくれば、 ヘッド&ショルダーからの下抜けなので鉄板ポイントです^^ (割ってくるときに5分足のMAがPO中なら尚良しです。) 日足や中期と長期の移動平均線を考慮すると 下げてくれた方が伸びやすい相場なので 個人的には下げをお願いしたい所です(`・ω・´) 1時間足 Snip20160310_2

長期ダウ(青)は高値切り下げ安値更新中。
短期ダウ(緑)は高値切り下げ安値更新中。

MACDルールは不成立。
長短のダウは一致です。

1時間足で見るとレジサポ3と4の間でレートは推移してますね。

当然上抜ければ買い目線、下抜ければ売り目線ですが、
上抜けの場合は長期のMA(水色)がまだ下げているので騙される可能性も高く、
しっかりとレジサポ転換して支えられた事が認識出来るまでは様子見が安全ですね> < 逆にMAを考慮した場合、 レジサポ4のラインを下抜けてくれば下げに期待出来る環境ですね^^ その際、1時間足の各期間のMAがしっかりとパーフェクトオーダーの状態であれば 言う事なしです(^ω^) 現在の相場状況(8:20) 4時間足、長期的には売り優勢、 短期的には買い優勢。 1時間足、長短ともに買い優勢。 5分足、長短ともに買い優勢。 4時間足が今挟まれた状態にあるので、 どちらかに抜けるまでは放置系は少しお休みが無難そうですね。 ではでは~!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】