FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 テクニカル解説 3月24日(木)

From : 維新の介


動画解説はこちらから↓

おはようございます(^^)
維新の介です

では本日のユロ円の流れです

【ユーロ/円】4時間足

MACDルールは不成立
長期(青)は高値切り下げの安値更新?

昨日お伝えしたように
上昇フラッグを築きつつあるかもしれませんし
日足の移動平均線(赤)がゆっくりと下がってきて
売るタイミングを待っているのかもしれません

短期(緑)は安値を更新していますが
高値を更新できずにいます

場合によっては
ここを上限として下げに転ずるかもしれませんので注意

昨日は
ここを頂点として下位足(5分足)で売っていくことはできる状況でした(^^)

【ユーロ/円】1時間足

MACDルールは不成立
長期(青)は
安値は更新しているけれども高値は更新せず

しかし・・・

絶賛レンジ中(笑

デイトレレベルであれば
トレードできるところはちょこちょこあるのですが
利を伸ばせる状況ではなく
戻しもきつめの荒い相場ですので
とりあえずどちらかに一度大きく動いてから考えたほうがよさそう

短期(緑)は一応上昇ダウを築いていますが
高値更新の値幅がほとんどなく
長期(青)レベルの高値も寸前越えることなく下げてしまったのd
短期(緑)直近安値を割った場合は注意が必要

というわけで
現在(8:35)の「損益分岐点から見た相場のバランス」です

4時間足は
長期的には買い方が優勢ですが
短期的には売り方が優勢

まだまだ下げ圧力を内包している状態ですからしょうがないですね

1時間足は
長期的にも短期的にも買い方が優勢ですが
これまた下げ圧力を内包・・・

先ほどお伝えした1時間足レベルの短期(緑)直近安値
これを割ってくると長短ともに売り方が優勢となるので注意

5分足は
長期的にも短期的にも買い方が優勢
逆に上昇圧力を内包していますね

というわけで
今「どっち?」とは言えない相場状況ですので
やっぱり抜けてから・・・(笑

ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】