FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 テクニカル解説 4月25日(月)

From : 維新の介


動画解説はこちらから↓

【4月25日(月)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です

では本日のユロ円の流れです

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法

MACDルールは不成立
長期(青)は安値更新からいっきに高値更新

安値の切り上げがなく
日足の移動平均線(赤)がまだ下げているので
まだ下げ可能性が残っています

短期(緑)も安値切り上げなき高値更新
これも戻し要因の一つです

実は上値も
見えないラインでおさえられていますね

前回の下げ途中の保ち合いの中の損益分岐点です

でも
その保ち合いを下抜けたところに引ける
レジサポ逆転ラインに支えられてもいます

上下に挟まれてしばらくレンジか?

上抜けば買い継続
下抜けば手仕舞いの売りが入ってくる

今の膠着状態はけっこう重要な保ち合いかもしれません

【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法

MACDルールは上で成立しつつありますが
まだ日足移動平均線(水色)が下げているので
完全成立ではありません

つまり戻してくる可能性が高いです

長期(青)は
安値切り上げなき高値更新

ここらへんも下げ要因の1つになります

でも短期(緑)は上昇ダウを築いていますね

ってことは
このまま高値を更新すれば買い目線

現在の保ち合いを下に割ってきたら売り目線ですが
先週末の欧州入口でつけた高値がレジサポ逆転ラインとなっているので
下げてきたとしてもとりあえずそのライン付近で止まる可能性大

もちろんそのまま下抜ける可能性もありますが
少なくとも下位足では反応するライン

全体的に節目がわかりやすい相場環境になっているので
トレード自体はちゃんと待てばそんなに難しくはならないのでは?

では
現在(8:34)の「損益分岐点から見た相場のバランス」です

4時間足は
長期的にも短期的にも買い方が優勢

でも下げ圧力をまだまだ内包しています

1時間足も同じく
長期的にも短期的にも買い方が優勢

5分足は
長期的には買い方が優勢なのですが
短期的には売り方が優勢になりつつあります

いったん休憩後
短期的な損益分岐点を足掛かりにして再度上昇か?

ただ
先ほど5分足に明確なサポートラインが引けたので
割ってきた場合は手仕舞いが進む可能性大

ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】