FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 朝のテクニカル解説 5/27(水)

From : 維新の介


動画解説はこちらから↓

嫁ちゃんが神戸の三宮にお出かけだったので
ついでにドーナツを頼んだ(好きなんです)

「向かいにおしゃれなセレクトショップがあったから
高いドーナツになったよ~~♪」

って

紙袋をいっぱい抱えて帰ってきた(*´Д`)

おはようございます(^^)
維新の介です

本日のユロ円の流れです

【ユーロ/円】4時間足

MACDルールは崩れてきました
というか
まだ上で成立していなかったので
下で成立し始めたと言ったほうがいいですね

長期(青)は高値切り下げの安値更新
短期(緑)もダブルトップから安値更新で
両者とも下げダウ中

でも週足MA(水色)下げ↓
日足MA(赤)上げ↑
4時間足MA(青)下げ↓

4時間足にも日足にも「勢い」はない状態

うーん。。。
とりあえずトレードはあまりしたくないな(^^;)
1分足5分足だけですね

【ユーロ/円】1時間足

MACDルールは微妙なところですが不成立
長期(青)はダブルトップからの安値更新で下げダウ

短期(緑)は順調に下げダウを築いていたのですが
長期ダイバージェンスから
短期ダイバージェンス&ダイバージェンス
そして高値更新へ・・・

ただ安値切り上げなき高値更新なので
いつものごとく急に下げてます(手仕舞いしてます)

下げの起点までレートは上昇し頭打ちとなっていますが
今後短期(緑)の安値切り上げあるか?

4時間足でも書きましたが
各時間軸の方向が入り乱れているので
例えどちらかに動いたとしても荒い動きになりがち

では現在(8:41)の相場状況です

4時間足は長期的には買い方が優勢ですが
短期的には売り方が優勢

1時間足は長期的には売り方が優勢ですが
短期的には買い方が優勢

つまり4時間足も1時間足も
買い方がと売り方がの動きがハッキリさせづらい状況にあります

5分足は?となると
長期的には買い方が優勢ですが
短期的には売り方が優勢

やはり難しい

そして5分足でどちらかが優勢になったとしても
上位足がこれではね・・・

とにかく上位足から
どちらが優勢かをハッキリさせてほしいところです

ほな今日もがんばっていきましょう~ (^з^)-☆Chu!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】