FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 朝のテクニカル解説 5/29(金)

From : 維新の介


動画解説はこちらから↓

おはようございます(^^)
維新の介です

本日のユロ円の流れです

【ユーロ/円】4時間足

MACDルールは不成立ですが
週足MA(水色)が水平になりつつレートを支えてきているので
上で成立も時間の問題か?

長期(青)は下げダウ中でしたが
強力なサポートラインに支えられ反転
そして直近高値でありレジスタンスラインでもあるポイントを越えてきました

ただ安値切り上げなき高値更新なので
戻しが怖いですね

いったん戻して
ピンクラインに支えられての再上昇であれば
少しは信用に足るかな?

買い方が優勢のエリアには来たけれども
上昇トレンドを築いた(安値切り上げ)ではないので
まだまだ不安定

【ユーロ/円】1時間足

MACDルールは上で成立
長期(青)は上昇ダウ形成

ですがレートは
まず抵抗線で一度止められ
なんとか抜けてきたけれども
その後の下げ起点ライン付近で停滞

結果短期(緑)レベルがちょっと荒れてます

上値が重たくなっているのであれば
当然その後の下げにつながりやすくなるので
買っていくには注意が必要です

買いと売りが明確なところだけトレードする
大切な考え方ですよ(^^)

上位足がレンジのときは手を出さない
抜けてきたらトレード足(下位足)でトレンド方向にのみトレードする

トレンドフォローってこれだけですよ(^^)
ちゃんと守れば誰でも勝てる

それをちょっとした値動きも獲りにいこうとするから
勝率を下げリスク/リワード比を下げる
つまり負け一直線

ちゃんと上のルールを守ること!
そうすれば、トレードは本来すごく簡単なものです

では現在(8:43)の相場状況です

4時間足は長期的には買い方が優勢
そして昨日の上昇で短期的にも買い方が優勢となりました

1時間足は長期的にも短期的にも買い方が優勢

5分足も長期的にも短期的にも買い方が優勢

というわけで買い目線です

売っていくには
それなりの数の投資家が手仕舞うであろうところまで待つ必要あります

買い局面だけれども
なかなか上昇しないから売ってみよう・・ってトレードする人多いけど
危険です

さて
本日は月末の週末ですね
ここしばらくの値動きに対しての手仕舞いが入るかもしれませんので
そこらへんも注意していきたいです

ほな今日もがんばっていきましょう~ (^з^)-☆Chu!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】