FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 動画解説 5月27日(金)

ユーロ円 動画解説 5月27日(金)

4時間足の現在の状況

Snip20160527_2

日足では下げ止まっているがトレンドラインは下げ中。
4時間足レベルの短期のダウも切り上げてきているので、
レジサポ5を超えてきた場合はデイトレレベルで買いを考える。
反対にレジサポ6を割ってきた場合は売り。

上げた場合の目標値    レジサポ4もしくはトレンドライン
下げた場合の目標値    レジサポ6

1のポイント

何度も抵抗になっている非常に重要なレジサポライン。
ここを超えてくれば大きく伸びる可能性も十分ある。

2のポイント

日足レベルで引ける下げトレンドライン。
安値を切り上げて来ているが上昇の際にこのトレンドラインが
抵抗になる場合もあるのでレジサポライン同様に注意する事。

1時間足の現在の状況

Snip20160527_4

1時間足では短期的に安値を切り上げてきている。
5のレジサポラインは特に意識されているので重要。
抜けた場合は買っていける。
レジサポ6を割って下げてきた場合、
売りが強い環境になるのでその場合はレジサポ7辺りまでが目標値。

1のポイント

現在のレートはこの上下のレジサポに挟まれている。
方向感もないので抜けた方へデイトレレベルならトレードができる可能性もある。

2のポイント

1のポイントからの上下の目標値。
方向感がないので目標値タッチで決済もあり。

今後の攻め方や注意点

現在の環境は日足での方向感がなく難しいので、
決して焦ってトレードを行わない。
しっかりシナリオを描いて、
方向と注文がどこにあるのかを意識してトレードを行う事。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】