FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 動画解説 5月30日(月)

ユーロ円 動画解説 5月30日(月)

4時間足の現在の状況

Snip20160530_1

高値は長期的に切り下げており、
安値は日足レベルでサポートされて支えられている。

短期のレートも下げ止まってきているので、
このままレジサポ4を抜ければ4時間足、日足の移動平均線に
支えられる形になるので買いが優勢の環境となる。

上げた場合の目標値    レジサポ5
下げた場合の目標値    レジサポ6

1のポイント

何度も抵抗になっている非常に重要なライン。
現状はここを軸にトレードを考えたい。

2のポイント

抜けてからこういう形になれば安全なトレードが可能。
抜けてすぐの場合はダマしに合う可能性もあるので、
根拠が少なければこの形を待つのが得策。

1時間足の現在の状況

Snip20160530_2

各移動平均線も下げてきており、
買いが優勢になりつつある相場環境。

レジサポ5は上位足からもわかる強い抵抗ラインなので、
抜けてもダマしにあう可能性があるので注意。

安全に行くのであれば押し目をつけるまでは様子を見た方が良い。

1のポイント

4時間足でもわかる重要なライン。
ここをしっかりと抜けてきたら買っていける。
逆に反転した場合、売りも考えれる。

2のポイント

上昇した場合の目標値。
特に3を抜けてもすぐ2のレジサポがあるので、
注意しておく。

今後の攻め方や注意点

現在の環境は買いが強くなってきているが、
強い抵抗ライン付近にレートがあるので注意。

トレードはリスクリワード比率をしっかりと考えて、
それに見合わなければ見過ごすという事も大事。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】