FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 動画解説 7月12日(火)

ユーロ円 動画解説 7月12日(火)

4時間足の現在の状況

Snip20160712_1

長期的にはまだ売りが優勢の相場だが、
短期的には下位圧力が強くなってきている。

このままレジサポ4などを超えてくれば長期的にもトレンドが変わったと認識できる。

まとめると現状は長期と短期の方向が対立しているので、
戦略としては各節目を意識したスキャルや短期デイトレがよさそう。

上げた場合の目標値    レジサポ4
下げた場合の目標値    レジサポ5

1のポイント

今後の理想的な動き。
◯の部分から入ることができればレジサポ4付近まで狙うことができる。

1時間足の現在の状況

Snip20160712_2

1時間足は長短ともに買いが強い相場。
ただし現在のレートはレジサポ2にぶつかり下げてきているので、
レジサポ2を超えるまでは一旦追随はお休みが無難。
一旦レジサポ3付近まで落ちる可能性があるが、
この下げを取りに行くのはかなりリスクが高いので、
安全に行くのであれば3まで落ちてからの反転を取りに行きたい。

1のポイント

戻した場合の理想的な押し目。
レジサポ3にしっかりと支えられたという事が大事。

今後の攻め方や注意点

全体的にトレンドが転換するかしないかという局面なので、
エントリーして放置というトレードは難しく、
比較的ラインが引きやすいのでそこに絡んだところを次の節目まで取りに行く。
というトレードがよさそう。

こういう方向に迷っている相場が一番損失が膨らみやすいので、
トレードは慎重に行いたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】