FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 朝のテクニカル解説 6/17(水)

From : 維新の介


動画解説はこちらから↓

早朝にウチのワンコがちょっと吠えた

「何があった!!!!!!」

って思って飛び起きて
1階に駆け降りた

「呼んでみただけ♪」

って顔してコッチ見て嬉しそうにしてる

力抜けた
そのまま寝られなくなったのでチャート見てた
早朝すぎて全然動かないけど(泣

おはようございます(^^)
維新の介です

本日のユロ円の流れです

【ユーロ/円】4時間足

MACDルールはまだ上で成立
でも長期(青)は
ダブルトップから安値更新
そしてさらに高値を切り下げるのか??

逆に短期(緑)は
安値切り上げの高値更新

昨日上昇からいきなり下落したけれども
それでもまだ上昇ダウ継続中

長期は下げダウ
短期は上げダウ

イヤな相場(^^;)

再度明確に安値を切り上げるか
それともサポートラインを割ってくるか

どちらからがハッキリしなければ
やはりイヤな相場となりそう

【ユーロ/円】1時間足

MACDルールは不成立
長期(青)は安値切り上げからた高値更新で
昨日急落があったとはいえ
それでもまだ上昇ダウ継続

短期(緑)は上昇ダウからいっきに安値更新
急落のあとは急上昇というのはよくありますが
移動平均線に逆らってまで
果たしてどこまで上げるかはちょっと疑問

それよりは
下げてきてくれたほうが
移動平均線方向に沿うことになるためトレードしやすい

でも長期(青)が上昇ダウ中なので
一度高値切り下げを確定してほしいところ

下げたからと言っても
その後サポートラインがすぐ下にあるので注意は必要

結局レンジはトレードが難しいということ
上位足のレンジから抜けたら
下位足で勝負する

ではレンジとはどのような状態?
これをちゃんと定義してあげることができたら
「待つ」ということが上手になります(^^)

では現在(8:31)の相場状況です

4時間足は長期的には買い方が優勢ですが
短期的には売り方が優勢

つまりこの時点で若干トレードしづらい

1時間足は
長期的にも短期的にも売り方が優勢

5分足は長期的には売り方が優勢ですが
短期的には買い方が優勢です

うーん。。。

こうやって書いていると頭が冷静になりますね(^^;)
トレードしづらいってことがよくわかる
つまりリスクの高いところということ

ほな今日もがんばっていきましょう~ (^з^)-☆Chu!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】