FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 朝のテクニカル解説 6/30(火)

From : 維新の介


動画解説はこちらから↓

ショートポジション持ちながら
週明けを迎えたら暴落

結果すごい利益!

ってコメントもらました(^^;)

正直ちょっとうらやましい(笑

おはようございます(^^)
維新の介です

本日のユロ円の流れです

【ユーロ/円】4時間足

MACDルールは不成立
長期(青)は下げダウで
短期(緑)も下げダウ

というわけで目線は売りなのですが
全戻し(笑

割っていった抵抗線は無視して
戻ってきましたねー(^^;)

これだから相場が荒れたあとはイヤ(^^;)

移動平均線なんて
カックンって鋭角で曲がるしね(^^;)

でもまぁ
現在買いが強いのか売りが強いのかを見極めるだけなので
結局はどんな相場も同じ

上位足が下げダウを築いているのであれば
下位足も下げの時しかトレードしない

そう決めているのであれば
下位足が下げてくるのを待つのみ

いくら値幅があろうが暴騰しようが無視

その徹底ぶりが
最終的には大きな利益を生むんですよ(^^)

【ユーロ/円】1時間足

MACDルールはほぼ下で成立していましたが
ちょっと崩れつつありますね
そりゃこれだけ戻したらそうなるか(^^;)

長期(青)はまだ下げダウ継続ですが
短期(緑)は安値切り上げ高値更新
上昇ダウです

そして暴落の起点までしっかりと戻してる(笑

長期は下げで短期は上昇ダウなのですから
そろわないとちょっと荒れた相場になりがち

起点まで戻したのだから
ここらで短期レベルの高値切り下げ等があれば
この後再度下げてくることが考えられます

もちろん昨夜につけた高値を更新したら
さらに上昇することも考えられますが

そうなってくると
せめて長期で安値を切り上げてほしいかな
でなければ安定した上昇になりづらいですので

では現在(8:37)の相場状況です

4時間足は長期的にも短期的にも買い方が優勢となりました

もちろん1時間足も
長期的にも短期的にも買い方が優勢です

そして5分足
長期的にも短期的にも買い方が優勢・・・・

買い目線相場です
でも上位足下げダウです(笑

判断しづらい時はトレードしない
基本ですね(^^)

もちろん下位足では上昇トレンドですので
スキャルやデイトレ限定で
上昇トレンドに沿ってトレードするのはありですが
上位足の抵抗線等には十分注意してください

ほな今日もがんばっていきましょう~ (^з^)-☆Chu!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】