FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 朝のテクニカル解説 7/2(木)

From : 維新の介


動画解説はこちらから↓

おはようございます(^^)
維新の介です

本日のユロ円の流れです

【ユーロ/円】4時間足

MACDルールは不成立
長期(青)は下げダウ継続中

短期(緑)は
一度安値を切り上げ
でも高値は切り下げ
つまり方向感のない相場です

できたら長期のダウ方向へと抜けてほしいところですが
当然安値を割らずに反転上昇することもあり得るわけです

長期方向へと抜けるのであれば
当然ある程度長いスパンのトレードができますが
トレンドに逆らうならば
もう1つはトレードの時間軸を下げたほうが無難です

値が荒れやすく伸びにくくなる可能性が高いですからね(^^)

4時間足では下げ「勢い」が失われましたが
日足レベルではまだレートはボリンジャーバンドの-2σよりも外
下げ相場と言える環境です

【ユーロ/円】1時間足

MACDルールは崩れつつあります
長期(青)は高値切り下げの安値切り上げ
つまり方向感がありません

短期(緑)もバラバラで方向がつかめません

というわけで
トレードするとしたらせめてサポートライン(ピンク)を割ってからですね(^^;)

もちろん割らずに反転上昇する可能性もありますので
下位足の安値切り上げの動きには注意

何にしても
わからないところは手を出さない

たとえ理屈でわからなくとも
直感的にイヤな相場だと思ったら避けたほうがいいですよ

わかりやすくなってからトレードする
特に上位足がどうなったらトレードする・・って決めておいたほうがいいですね

だからレンジとトレンドの判断がかなり重要になるのです
逆に言えば
これができるだけで
そして守ることができるだけでトレードはいきなり簡単になります(^^)

では現在(8:39)の相場状況です

4時間足は長期的にも短期的にも売り方が優勢

1時間足も同じく
長期的にも短期的にも売り方が優勢ですが
レートはほぼ長期的な損益分岐点上にあり
少し戻してしまえば
短長に挟まれた狭いエリア内の収まってしまうため
トレードが難しくなりがち

5分足も同じです
長期的にも短期的にも売り方が優勢

この状態が崩れずにサポートラインを割ってくれれば
下げやすいんですけどね

支え切られてしまうと下位足でしかトレードできない(^^;)

ほな今日もがんばっていきましょう~ (^з^)-☆Chu!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】