FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 朝のテクニカル解説 7/13(月)

From : 維新の介


動画解説はこちらから↓

しかしアレですね
毎週毎週月曜日は窓空けからのスタートですね(^^;)

窓空直後の相場ってあまり好きではないです
移動平均線とか
カクン!って折れ曲がってしまいますからね(^^;)

おはようございます(^^)
維新の介です

本日のユロ円の流れです

【ユーロ/円】4時間足

MACDルールは不成立
長期(青)は直近高値を上抜いてきたか?

安値はほとんど更新しなかったし
意識されるべきライン(ピンク)も上抜いてきたし
また相場環境が変わってきましたねー

短期(緑)は安値を切り上げ
そして高値更新の上昇ダウ
売り圧力が抜けつつあるようです

とは言っても
レートは週足移動平均線(水色)よりも上
日足移動平均線(赤)よりも下

ギリシャ問題もありますが
どちらにしてもこの相場環境は荒れやすくなります

【ユーロ/円】1時間足

MACDルールは不成立
長期(青)はダブルボトムから高値(ネックライン)更新

短期(緑)は上昇ダウ継続していましたが
さらに上昇継続か?と思われたところで
今朝の下方窓空け

結局高値切り下げを確定して
直近安値も割っての下げとなりました

日足の移動平均線(水色)が下げている状態で
4時間足の移動平均線(赤)は上昇

これもまた荒れやすい相場ですので注意が必要

というか
週足↑ 日足↓ 4時間足↑ そして1時間足の↓にレートがあるわけです

例え値幅があるにしても
面白くはない相場ですね

では現在(8:39)の相場状況です

4時間足は長期的には売り方が優勢ですが
短期的には買い方が優勢

1時間足は
長期的にも短期的にも買い方が優勢

5分足も同じく
長期的にも短期的にも買い方が優勢

というわけで
下位足は買い方優勢なのですが
4時間足レベルの長期的な損益分岐点に上値を抑えられている状態

買い目線でいいけれども
上値に注意ということ

でも5分足で長期的に売り方が優勢となるあたりで
4時間足からすべて売り方優勢になるので
そうなれば今度は売り目線

ほな今日もがんばっていきましょう~ (^з^)-☆Chu!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】