FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 朝のテクニカル解説 7/29(水)

From : 維新の介


動画解説はこちらから↓

おはようございます(^^)
維新の介です

本日のユロ円の流れです

【ユーロ/円】4時間足

MACDルールは上で成立しつつあります
長期(青)は安値を切り上げるも
まだ高値を更新せずに前回の高安値に挟まれたエリアに位置しています

短期(緑)はきれいな上昇ダウですねー(^^)
そして抵抗線を越えて
さらにその抵抗線がサポートラインになってきました

というわけでまだ上昇継続の可能性が高まりましたが
まだ長期(青)の高値を更新していないので
どうしても動きが鈍くなりがち

4時間足にも日足にも「勢い」がないし
値幅が狭い・・・

ストキャスもダイバージェンス発生で
上値が重いことを示唆

上昇ダウを築いている割には
トレードしづらいですね

【ユーロ/円】1時間足

MACDルールは上で成立
長期(青)はきれいな上昇ダウ

でも短期(緑)は
高値切り下げ安値も更新
つまり下げダウ中

短期的にとはいえ下げダウ中であれば
やはり買っていくのは難しいトレードになりがちなので
安値切り上げしないかな~なんて思って見ているのが待つということ

つまり
長期(青)レベルの安値の切り上げがほしい

やはり1時間足の20期間の
ダウを伴った上昇があってこそ
下位足で安定して利を伸ばすことができますからね(^^)

では現在(8:45)の相場状況です

4時間足は
長期的にも短期的にも買い方が優勢となりました

1時間足も同じく
長期的にも短期的にも買い方が優勢

ただし!
気を付けないといけないのが日足

ちょっと意識されそうな抵抗線で頭をおさえられています

5分足も同じく
長期的にも短期的にも買い方が優勢

全体的には「買い」目線ですが
日足レベルで上値が重たくなりがちな状況であることに注意

逆に抜けてきたら
とりあえずデイトレレベルでいっきに上昇する可能性も

ほな今日もがんばっていきましょう~ (^з^)-☆Chu!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】