FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 テクニカル解説 11月6日(金)

From : 維新の介


動画解説はこちらから↓

おはようございます(^^)
維新の介です

では本日のユロ円の流れです

【ユーロ/円】4時間足

MACDルールは下で成立
長期(青)は下げダウ継続

短期(緑)は少し保ち合い気味になりましたが
やはり下げダウ継続で昨日は売り目線

ただ・・・

下げきらずに小さなボックスを作って一度反発上昇

さて本日は?

ダウと移動平均線の方向を考えるならば
ここは戻り目と見るべきですが
先日からお伝えしているように
日足レベルでちょっとやっかいなサポートラインに引っかかっているため
反発上昇もあり得ます

というわけでお得意のセリフ

抜けてから考える(笑

抜けたことを「確認」してから
下位足で下げの戻り目を拾っていくのが安全(^^)

上昇の場合も
反転上昇が「確認」できてからのトレードがいいですね

【ユーロ/円】1時間足

MACDルールは・・・
崩れてきたかな?

長期(青)は下げダウですが
短期(緑)は上昇ダウですね
この時点でトレードはしづらい

でも短期レベルで高値を切り下げてきたら
再度売りを考えてもいいと思います

日足MA(水色)も4時間足MA(赤)も下げているので
いきなりガンガン上昇してくることは考えにくい
(※優位性が低いだけであり得ない話ではないことには注意)

それよりも
とりあえず一度安値を試しつつ
上位足の移動平均線が水平になるのを待ち
それから上げてきたほうがその後の伸びがいい
つまり優位性の高いトレードが可能です

このまま短期(緑)レベルで上昇を続けたとしても
4時間足のMA(赤)が下げている限りは
いったん戻してきますので急落には注意

では現在(8:41)の相場状況です

昨日と同じく移動平均線で見てみると・・・

日足は売り方優勢(↓)
4時間足も売り方優勢(↓)
1時間足も売り方優勢(↓)
15分足は買い方優勢(↑)
5分足も買い方優勢(↑)
1分足は買い優勢ながらもほぼ横ばい(→)

昨日は5分足で買い優勢でしたが
本日は15分足でも買い優勢ですね
昨日よりもちょっと買いが強まってきました(^^)

私は1時間足レベルで買い優勢にならないと
5分足ではトレードしたくない・・・
というか
それを基本スタンスとしています

ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】