FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 テクニカル解説 3月11日(金)

From : 維新の介


動画解説はこちらから↓

おはようございます(^^)
維新の介です

では本日のユロ円の流れです

【ユーロ/円】4時間足

MACDルールは不成立
長期(青)は安値切り上げの高値更新

短期(緑)も上昇ダウで
前回の下げスタートとなったブレイクラインまで戻してきました

安値切り上げをともなっての上昇ではありますが
急激な上昇は移動平均線から大きくかい離することになるため
急な戻し(回帰)がある可能性が高く注意が必要です

抵抗線を越えていたら支えられる可能性も高まってきますが
この場合はおさえられていますからね(^^;)

直近の長期(青)高値に支えられたら
さらに上昇するかもしれませんが
週足レベルではネックラインを割って
そのネックラインにおさえられる位置であるため
そこらへんはかなり注意しておいてください

【ユーロ/円】1時間足

MACDルールは不成立
長期(青)は上昇ダウを築いていますが
短期(緑)は安値切り上げなき高値更新

というわけで急落注意

1時間足から4時間足へと上昇「勢い」は波及しましたが
1時間足レベルでは半減
手仕舞いが入るか?

現在5分足レベルではダブルトップネックライン上
これを割ってきたらちょいと下げるかも

ってことは
支えられたら再度上昇に転ずる可能性もあり

だけどさっきも書いたけど
週足レベルでネックラインが抵抗として存在し
4時間足レベルでもブレイク起点のラインがある

また移動平均線からもだいぶ乖離しているので
買っていくのはかなり注意が必要

では現在(8:36)の「損益分岐点から見た相場のバランス」です

4時間足は
長期的には売り方が優勢ですが
短期的には買い方が優勢

その長期損益分岐点でちょうど頭をお去られている感じ

1時間足は
長期的にも短期的にも買い方が優勢

5分足も同じく
長期的にも短期的にも買い方が優勢ですが
ダブルトップを築いたネックライン上にレートがあり
また短期の損益分岐点上でもあるため
割ってきたら下げ注意

ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】