FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 テクニカル解説 3月21日(月)

From : 維新の介


動画解説はこちらから↓

おはようございます(^^)
維新の介です

では本日のユロ円の流れです

【ユーロ/円】4時間足

MACDルールは不成立
長期(青)は上昇ダウ継続

短期(緑)は
高値切り下げの安値切り下げで三角保ち合い

さてこの保ち合い
上抜いてくるのか?
それとも力足らずで再度下げるのか?

それは抜けてからでなければわかりません(^^)

これが上位足からの移動平均線方向に完全に沿っていたのであれば
きっと上抜け~って言うこともできるのですが
日足と週足のMAの方向が逆ですからね

そして日足レベルでは下げダウ継続中なのでなんとも・・・(笑

上抜いたら買う
下抜いたら売る
これが基本です

ダマシに引っかからないように
抜けを確認してからの売買
これが勝率を上げるコツです

【ユーロ/円】1時間足

MACDルールは不成立
長期(青)は安値切り上げの高値更新
三角保ち合いです

短期(緑)は・・・
ぐちゃぐちゃです(^^)

ってことで
やっぱり抜けてから考える(笑

いや笑いごとじゃなくて
わからないところで突っ込むのはギャンブル
確定した方向に乗るのは投資

かなり違いますよ

過去にこのインジケーターでサインが出たところは勝率が高かったから・・・

これってギャンブルなんで(^^)

過去検証の結果に頼りすぎて
「今」どうなっているのか?で判断できないトレーダーは
勝ち続けることはできません

では現在(8:38)の「損益分岐点から見た相場のバランス」です

4時間足は
長期的にも短期的にも買い方が優勢

けっこう支えられてきましたね

1時間足は
残念!
長期的にも短期的にも売り方が優勢

ただ上位足(4時間足)が支えられているので
下げきれずにレンジとなっています

5分足は
これまた長期的にも短期的にも売り方が優勢

下位足は売りたいのだけど
上位足には支えられている

そんな状態なので
やっぱり抜けてからでなければトレードはちょっと難しい

東京時間は祝日なので
欧州からかな?

ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】