FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 テクニカル解説 3月23日(水)

From : 維新の介


動画解説はこちらから↓

おはようございます(^^)
維新の介です

では本日のユロ円の流れです

【ユーロ/円】4時間足

MACDルールは不成立
長期(青)は直近安値を割ってきたので
高値切り下げも確定

というわけで下げダウです

でも下げ幅は狭く
かつ急反発したので
上昇フラッグからの上昇・・・ということも考えられなくもないです

日足に移動平均線(赤)が上昇に転じたので
下げにくい状況ではありますね

短期(緑)も下げダウを築いていますが
下げを継続するのか?と言われればちょっと微妙

本格下げを狙いたいのであれば
いったん日足移動平均線(赤)を大きく下抜き
その後の戻しからの再度の反転下落を狙ったほうが確実です

そして上昇の場合
フラッグは直近に抵抗となる高値が複数存在するため
フラッグの最高値を越えるまでは
しばらくは戻されつつの上昇となることが多いので注意

【ユーロ/円】1時間足

MACDルールは不成立
4時間足も1時間足も成立していないってことは
けっこうグチャグチャ相場です

長期(青)はなんとなく下げダウを築いていますが
短期(緑)は
高値を更新したかと思えば安値も更新・・・
かと思えば急上昇(^^;)

短期も長期も高値と安値がわかりづらい
つまり「みんな」が共通して見ているラインというのが存在しないため
最もわかりやすい(共通認識されやすい)ラインを抜けるまで待ってからのトレードが吉

(※重要)

というわけで
現在(8:33)の「損益分岐点から見た相場のバランス」です

4時間足は
長期的にも短期的にも買い方が優勢ですが
まだ下げ圧力は残っていますね

1時間足は
コチラも長期的にも短期的にも買い方が優勢ですが
やっぱり下げ圧力が残っている・・・

5分足は
長期的にも短期的にも買い方が優勢

うん
やっぱり難しい相場です

抜けてから
反転を確定させてから
そこに反転するだけの理由があること

ここらへんを常に意識してチャートを見るようにしてください(^^)

ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】