FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 朝のテクニカル解説 5/25(月)

From : 維新の介


動画解説はこちらから↓

日曜日の朝
久しぶりに朝寝・・・と思ってたら携帯が・・・

近所の交差点で
倒れている父が発見されたとのこと

命に別状はなかったのですが
バタバタの週末でした(>_<)

おはようございます(^^)
維新の介です

本日のユロ円の流れです

【ユーロ/円】4時間足

MACDルールは・・・
おっと!けっこう微妙ですね(^^;)

上で成立しつつありますが
MACDは反転して下げに転じつつあります

長期(青)が高値を切り下げ直近安値も更新したので下げダウ
でもネックラインで引っかかっていますので
再度反発上昇可能性もあります

というわけで
反発上昇したらMACDルールは上で成立に向かい
ネックラインを割ってきたら下で成立
そんな感じになりそうですね

ただ高値切り下げポイントで
短期(緑)がダブルトップを築いたので
上はけっこう重いかも

けっこう大事な水平ライン(ピンクライン)が引けたので
それを上回れば買い方が優勢になってきます

【ユーロ/円】1時間足

MACDルールは不成立
下で成立するにはまだちょっと日足MA(水色)が上向きなので
下げたとしてもすぐに上げてくる可能性が高いところ

長期(青)は安値を切り上げ
そして高値を更新するか・・・?と思いきや
ダウブルトップを築いて急落

確かに4時間足で見ても堅そうなラインだったけど
本当に堅かったんですね(^^;)

で、その後下げに転じたわけですが
下にも抵抗線があるわけです

ここを割ってきたら
ここしばらくの上昇に対しての手仕舞いがハッキリ入りそうなので
けっこう重要なラインです

逆に反発すれば
再度上昇継続もあります
日足を見るとわかりやすいですよ(^^)

では現在(8:28)の相場状況です

4時間足は長期的には買い方が優勢ですが
短期的には売り方が優勢となってきます

1時間足は
長期的にも短期的にも売り方が優勢ですね

だから短期的な手仕舞いが入ったわけです

5分足は長期的には売り方が優勢ですが
短期的にはちょうど境目

再度売り方が優勢になるか
それとも買い方が優勢になって
週末の下げの手仕舞いが入って上昇するか

とりあえずはそこらへんが見どころかな?

ほな今日もがんばっていきましょう~ (^з^)-☆Chu!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】