FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 テクニカル解説 4月26日(火)

From : 維新の介


動画解説はこちらから↓

おはようございます(^^)
維新の介です

では本日のユロ円の流れです

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法

MACDルールは不成立
長期(青)は安値更新からいっきに高値更新・・・
と言いたいけれども
安値切り上げてますねコレ

でもまだ日足の移動平均線(赤)が下げているのと
昨日も書いたけど
見えない抵抗性でおさえらえています

前回の下げ途中の保ち合いの中の損益分岐点が影響していると思ってください

短期(緑)も上昇ダウ
ってことで買い目線なのですが
上値が少々重い

でも日足に支え切られて
この抵抗を越えてきたら大きく伸びる可能性あり

でもおさえられているぶん
越えることなく短期(緑)直近安値を割ってきたら
その後は売り目線

【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法

MACDルールは上で成立しかけていますが
まだ日足(水色)がさげていますので
売り圧力強し(※グランビルの法則)

長期(青)は高値を更新
安値も切り上げ

短期(緑)は
日足の移動平均線(水色)や
少し前の高値に支えられ
さらに2回同値をつけたところからの上昇

でも長期(青)直近高値を更新することなく
小さく高値を切り下げかけているので
反転下落に注意

特に昨日の安値を割ったら売り目線

では
現在(8:38)の「損益分岐点から見た相場のバランス」です

4時間足は
長期的にも短期的にも買い方が優勢

まだ下げ圧力を内包していますが
長期損益分岐点で昨日支えられました

逆に言えば
下げ圧力が残っている状態でそのサポートラインを割ってきたら
下げてくる可能性がいっきに高まります

1時間足は
長期的にも短期的にも買い方が優勢

5分足も同じく
長期的にも短期的にも買い方が優勢

ですが少々レンジ気味にレートが推移していますので
上下どちらかに抜けてからか
この長短の損益分岐点に支えられ(おさえられ)てからのトレードが望ましいです

ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】