FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ポンド円 朝のテクニカル相場環境 6/9(火)

From : ハル(維新の介の弟子1期生)


動画解説はこちらから↓

おはようございます!!
久々に風邪をひいています・・・
それでも多少のことは出来てしまう
トレードは素晴らしいスキルだなぁ~と改めて感じます(^^)
少し体調が悪い方が肩の力が抜けて良いかも。。。

本日のポンド円の相場解説です
GBPJPYproH4 0609@
【4時間足】↑上昇傾向ですが弱含み(方向と心理は不一致)
長期ダウ(青紫)は上げダウ継続です
短期ダウ(緑)は高値切り下げなき安値更新ですね
20MA(青紫)上向き(日足は上向き)
BB(ボリンジャー)収束へ(日足はバンドウォークか?)
GBPJPYproH1 0609@
【1時間足】↓下降傾向ですが強含み(方向と心理は不一致)
長期ダウ(青紫)高値切り下げなき安値更新
短期ダウ(緑)は下げダウ中です
20MA(青紫)下向きですね
BB(ボリンジャー)は勢いはなし

=売買勢力=
4時間足長短とも買い方優勢
1時間足長期買い方優勢短期売り方優勢
現在(8:27)5分足長期売り方優勢
短期買い方優勢です
ということは今のところ1時間足短期(191.30付近)が
買い方優勢になると買いやすくなる

☆上記の見たところ今は4時間足1時間足の挟み撃ち状態
短期トレードは難しい状況です。

デイトレ
*買い仮説*
まずは190.30付近を超えてくるまで待ちたいです。
そして1時間の20MAの方向と心理の一致を待つと
トレードしやすいです(勢いも大事)

*売り仮説*
190.78付近下には注文の集中がありそうなので
注目です。
下値は190.00付近

指標発表⇒17:30 注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】