FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 朝のテクニカル解説 7/7(火)

From : 維新の介


動画解説はこちらから↓

七夕ですね(^^)

1年に1回の恋人の日。

でもウチの嫁ちゃん
昨日から沖縄へ一人旅(笑

いつもお疲れ様とありがとうの気持ちをこめて・・・

ゆっくり楽しんできてください

私はワンコたちとお留守番(^^)
ワンコ(5匹)を独占できて
これはこれで幸せ(笑

おはようございます(^^)
維新の介です

本日のユロ円の流れです

【ユーロ/円】4時間足

MACDルールは不成立
というか
ギリシャ問題なんとかしてくれ(^^;)
相場荒れすぎ

長期(青)は下げダウ継続
そして窓空けも下げ方向のみなのでなんとかなってるけど
ニュース次第では上に跳ね上がることもあり得るので
怖い怖い・・・

短期(緑)も下げダウなので
目線は売りですね

気になるライン(ピンク)が1本引けるので
このラインを挟んでの上下は相場環境が変わります
注意

【ユーロ/円】1時間足

MACDルールは下で成立
長期(青)は下げダウ継続

でも短期(緑)・・・

高値を切り下げ続け
安値は切り上げ続け

イヤな相場です(^^;)

こんなときは
無理にエントリーする理由は作らずに
上下に「節目」となるところを見つけて
バシっとラインを引いて
抜けるまでひたすら待つに限ります

わからないところはトレードしない!

基本ですよ(^^)

では現在(8・35)の相場状況です

4時間足は長期的にも短期的にも売り方が優勢

でも1時間足は
長期的には売り方が優勢ですが
短期的には買い方が優勢

4時間足が売りかが優勢ですので
1時間足は売り方が優勢の保ち合い相場ですね

つまり下抜けはトレードOK
でも上抜けは難しくなる可能性が高いということ

5分足は長期的には買い方が優勢ですが
短期的には売り方が優勢

とは言っても
1時間足に引いたピンク水平ラインを上抜くまでは
買っていくのはちょっと怖いです

ほな今日もがんばっていきましょう~ (^з^)-☆Chu!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】