FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 朝のテクニカル解説 7/8(水)

From : 維新の介


動画解説はこちらから↓

おはようございます(^^)
維新の介です

本日のユロ円の流れです

【ユーロ/円】4時間足

MACDルールは不成立
長期(青)は下げダウを築いています

さらに短期(緑)も下げダウ中に
レジサポ逆転ライン(ピンク)においてリターンムーブ

上抜いていたら買いもあったのですが
抜けない以上
下げダウを築いているため売り待ち相場です

ですがその後のサポートラインがけっこうキツイですね
何度もその付近ではね返されています

つまり
日足レベルで安値を割ってきていない
上昇ダウ継続中であるということ

ならば長いスパンで見たとき
まだ上昇可能性は捨てきれません

もちろん4時間足は下げダウですので
せめて短期レベルでは安値を切り上げてくれないと
安心して買うことはできませんけどね

【ユーロ/円】1時間足

MACDルールは下で成立
長期(青)は下げダウ中

短期(緑)は
しばらく高値切り下げの安値切り上げという
素敵にイヤな相場でしたが

昨日直近安値を割って
「上位足方向」に下げてきました

4時間足でのリターンムーブもあり
すごく獲りやすい相場です

ただこの後も下げるか?となると
サポートラインに支えられていることもあり
しかもそれが有効に働き続けていることもあり
まだちょっと判断つきません

でも下げダウを継続中である限り
買いがシナリオにあったとしても
絶対に売り目線も外してはいけません

また
買うとしたら
下位足でスキャル・・というのならともかく
しっかり獲っていくにはピンクラインを上回ってからのほうが
相場環境は明らかな買い方相場となるためやりやすいでしょうね

では現在(8:38)の相場状況です

4時間足は長期的にも短期的にも売り方が優勢です

1時間足は
長期的には売り方が優勢ですが
短期的には買い方が優勢

5分足は
長期的にも短期的にも買い方が優勢ですので
再度売り方が優勢になるか
このまま1時間足の長期的な損益分岐点を上に越えてくるかで
売りか買いかが分かれてきそう

ほな今日もがんばっていきましょう~ (^з^)-☆Chu!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】