FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ポンド円 朝のテクニカル相場環境 7/13(月)

From : ハル(維新の介の弟子1期生)


動画解説はこちらから↓

おはようございます!!

土曜から風邪を患ったのですが
昨日の夜には少し頭の痛みが残る程度に収まり
今はいつも通りに、ただ眠たいだけです(^^)

本日のポンド円の相場解説です
GBPJPYproH4 0713@
【4時間足】↑上昇傾向(方向と心理は一致)
長期ダウ(青紫)は下げダウ継続で
短期ダウ(緑)も下げダウ継続です
その中での急激な上昇なので急な下落には注意。
20MA(青紫)は上向きに日足は下向きです
なので日足と4時間足の間では方向感が乏しい状況。
BB(ボリンジャー)はエクスパンション中ですが
朝一のギャップダウンで上げ勢いは一旦落ち着きそうですね
GBPJPYproH1 0713@
【1時間足】↑上昇傾向も弱含みへ(方向と心理は不一致)
長期ダウ(青紫)はちょっと難しい判断で
青のストキャスが一度波を作っているので上げダウと判断
短期ダウ(緑)は上げダウ中です
20MA(青紫)は上向きです
BB(ボリンジャー)は収束中

=売買勢力=
4時間足長期売り方優勢で短期買い方優勢
1時間足長短とも買い方優勢
現在(8:43)5分長期買い方優勢で短期は売り方

デイトレ
*買い仮説*
急速な上昇を演じたので1時間足レベルの押しは待ちたいところです
直近高値(ピンクライン➀)はほぼ日足レベルの半値付近にあり
その高値をしっかり越えてくると買いやすくなりそうです

*売り仮説*
週末の上げに対する手仕舞い売り
1時間足の20MAの傾きに注意しながら
ピンクライン➂を下抜き反転狙い
下値は188.37付近(ブルーのライン)
もしくは上昇起点188.00付近

指標発表⇒特になし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】