FXテクニカル相場解説・トレードを独自理論で解説!維新の介とその弟子による相場解説を毎日お届け。維新流トレード術で勝ち続けるFXトレーダーを目指す!

menu

維新流トレード術(提供:株式会社インベストメントカレッジ)

ユーロ円 朝のテクニカル解説 7/28(火)

From : 維新の介


動画解説はこちらから↓

おはようございます(^^)
維新の介です

本日のユロ円の流れです

【ユーロ/円】4時間足

MACDルールは上で成立しつつあります
長期(青)は
安値を切り上げたものの
まだ前回の高安値に挟まれています

短期(緑)は
きれいな上昇ダウを築いていますね(^^)

さて
この上昇ダウは継続するのか?
が見どころ

でも長期で安値を切り上げ
そして短期は上昇ダウなので
目線は買いです

さらに抵抗となっていたライン(ピンク)を上抜いてきましたので
少なくとも短期(緑)が下げトレンドを築かない限りは
下げを獲っていくのは難しい

その水平ライン(ピンク)で
レジサポの逆転があると買っていきやすいですね(^^)

【ユーロ/円】1時間足

MACDルールは買いで成立しつつあります
長期(青)はきれいな上昇ダウ継続

短期(緑)も上昇ダウですが
高値でダイバージェンス発生

ちょっと意識される付近ですので
上げ止まりから下げに注意

昨日急上昇しましたからね
とりあえず利益を確定したい勢力がいるかな?

戻しを獲りにいってもいいんだけど
先がわかるわけではないので
ちゃんと注文が集中するところを狙っていきたいところ

買いはまだ上昇余地はあるのですが
日足を見る限り
けっこう重要なラインでレートが押さえられているので
抜けてくるまでは注意が必要

では現在(8:41)の相場状況です

4時間足は
長期的には売り方が優勢で短期的には買い方が優勢

昨日までと変わらず・・・ですね

だけどレートは
長期損益分岐点付近に存在しますので
昨日の高値を越えてきたら買い方優勢です

1時間足は
昨日の上昇で長期的にも短期的にも買い方が優勢

5分足は
長期的には買い方が優勢ですが
昨日の上昇がひと息ついたのか
短期的には売り方が優勢です

再度買い方優勢となれば買っていけるのですが
4時間足の損益分岐点
先ほど書いた日足レベルの抵抗線でもあるのですが
そこを越えてこないと買っていくには難しい相場になるかも・・・

逆に
越えないと相場が判断すれば急に下げてくることもありますので
下位足の高値切り下げ等には注意

ほな今日もがんばっていきましょう~ (^з^)-☆Chu!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

テクニカル動画解説【動画】